■ADSONの使い方(1商品ずつデータを調べる方法)

ADSONを使って1つずつ商品のデータを調べる場合は、「検索」画面へ進みます

※「商品を検索する」の赤いボタン、または画面右上の「検索」をクリックして下さい

 

上の「ASIN」と書かれた検索ボックスに、AmazonのASINを入力します(Amazonの商品管理番号)

 

調べたい商品のASINを入力して、「実行」ボタンを押して下さい

実行ボタンを押すと、結果が表示されるまで少し時間がかかります。少々お待ちください

 

※Amazon・Keepaのデータベースにアクセスし、過去の売れた実績などを取得してきて計算し、ADSONの画面に反映させるためしばらく時間がかかります

 スピードはネット環境に影響されるため、できるだけネット環境の良いところで行なって下さい

  

しばらくすると「情報の抽出が完了しました」と出て、結果のデータが表示されます

 

  

【 注意点:データが表示されない場合 】 

ADSONは、Amazon・Keepaのデータを元に商品情報を反映させていますが、下記のように価格抽出ができず、データが表示されない商品が時々あります

その場合、検索した時に下のような画面が表示されます

 

このように結果のデータが出てこない商品は、下の場合になります

 

Amazon・Keepaのデータで

・売れ筋ランキングのデータが無い/少ない

・中古アイテム数のデータが無い/少ない

・Amazonがデータを公開していない

といった商品になります。

※新品のみしか販売されていなくて、中古品の販売が無い商品などもデータは表示されません

 

データが表示されない商品は、Amazon・Keepaから販売実績や価格を取得することができないので、ADSON上にもデータを表示できない商品です

  

例:下のような商品です この場合はKeepaのグラフでランキングや中古アイテム数のデータが表示されていないため、ADSONでもデータを表示することができません

 

申し訳ありませんが、データが表示されない場合は、別の商品でお試し下さい

 

 → 商品データの見方はこちら【重要】

 → どの商品を検索してもデータが表示されない場合は?